うつ病の人への対応の仕方について

頑張れと励ますのは控えましょう。



うつ病の人は、本来頑張り屋で真面目な人が多いものです。
仕事も家事もちょっとした用事も、完璧にこなしたいものの、思うようにできなくなるのがうつ病です。患者はきちんとできない自分に対して憤りや不甲斐なさ、焦りを感じて落ち込んでしまいます。中にはそんな自分を責める人もいるでしょう。
そんな患者に対して、「頑張れ!」などと励ますことは患者を余計に苦しめてしまうことになります。「頑張れ!」という言葉はできるだけ使わないほうが良いでしょう。
「頑張れ」ではなく、「一緒に頑張ろう」と言ったり、「よく頑張ったね」と褒めて認めてあげることが大切です。
また、「励ます」のではなく「見守る」姿勢で接することで、うつ病患者は安堵感を得ることができるでしょう。

症状が良いときこそ、気にかけるようにしましょう。


うつ病の症状には波があり、テンションが高くなる「躁」の時期と落ち込みがひどくなる「鬱」の時期とに大きく分かれます。
躁の時期は見た目も元気でいつもより明るく、周囲の人からすると安心してしまいがちですが、実は躁のときほど気にかけて見守る必要があるのです。
なぜなら、鬱のときは何もできない状態ですが、躁のときは突拍子もない行動に出る患者も多く、自殺するのも躁のときが多いからです。
うつ病の人がテンションが上がっているときに、大丈夫だろうと放置するのはとても危険です。テンションが上がっているからといって病気が治ったわけではないことを理解しましょう。
うつ病は躁と鬱を長く繰り返す長期戦の闘いになるので、長い目で見守ることが必要になります。